着物と骨董品を高価買取いたします。

帯買取のご案内

帯

帯買取は東京の山千堂におまかせください。袋帯、名古屋帯など各種帯の出張査定・買取を行っております。着物・振袖とご一緒での帯の買取はもちろん、帯のみでの買取もご相談ください。

帯の買取は東京23区を中心に東京全域に出張致します。ご不要になられた帯がございましたら、お気軽にご相談ください。


帯の買取ジャンル一覧

袋帯(ふくろおび)

袋状に織られた帯で、一般的に女性用の帯を指しますが、男性用の角帯のうち袋状に織られたものも袋帯になります。

丸帯(まるおび)

現在は芸者・舞妓などの花柳界や、婚礼衣装に使用されています。

名古屋帯(なごやおび)

格調の高い柄の織り帯は準礼装にも使用されています。また、染め帯はお洒落用としても使用されています。九寸名古屋帯、八寸名古屋帯など種類があります。

昼夜帯(ちゅうやおび)

腹合せ帯とも呼ばれています。表と裏が異なる布で仕立てられた女帯で、両面使えるリバーシブルの帯です。

角帯(かくおび)

男性の和装のおいてもっとも用いられる帯で、兵児帯よりも格式があります。

兵児帯織(へこおび)

普段着の帯として愛用されている帯です。男物のみならず、子供が浴衣を着るときなどにも用いられるようになり、現在では女性が締めることもまま見られます。
【東京の山千堂では各種、帯の買取を行っております】


西陣織(にしじんおり)

京都の先染め織物をまとめた呼び名で、市場でも人気があります。

博多織(はかたおり)

福岡県福岡市の主に博多地区で特産とされる絹織物で、市場でも人気があります。
【東京の山千堂では各種、ブランドの帯の買取を行っております】


高価買取ができる商品

専門店ならではの高価買取ができます。

着物

■有名作家の着物
■有名デパートや呉服店で購入された着物
■人間国宝・文化財に認定された作品
■各地の染織品

大島紬・結城紬・塩沢紬・伊那紬
錦・袈裟・小紋・平織・班布・綴織・唐織・名物裂(布袋 替袋 緞子 金襴)
広袖物(狩衣 水衣 長絹 舞衣)・辻が花(文様染め 帷子)・羅紗(陣羽織など)
更紗・縞織物(綿製品)・小袖(慶長小袖 寛永小袖)
久留米絣・薩摩絣・宮古上布・越後上布・刺繍(摺箔 織箔)

着物作家

龍村平蔵、山鹿精華、皆川月華、広川松五郎、木村和一、和田三造、桜井霞洞、山形駒太郎、般若侑弘、中村鵬生、平野利太郎、藤井桑子、岸本景春、箸尾清、鹿島英二、小谷友之助、佐野猛夫、稲垣稔次郎、春日井秀大、中村光哉、三浦景生、来野月乙、中村貞次、高木敏子、潮隆雄、鈴木雄次郎、森口華弘、羽田登喜男、上野為二、鎌倉芳太郎、小倉建亮、小山保家、喜多川平朗、小宮康助、松原与一、山田貢、志村ふくみ、北村武資、平敏子